セックステクニックの方法

男も女も幸せにするセックステクニックを学びたいなら・・・
セックステクニックいろいろ


男性器、腰の使い方

挿入して、イカせられる人はあまり多くありません。

 

ただ、腰を動かしてピストン運動をするだけでは難しいでしょう。
ポイントは膣のどこにあてるといいのか、探ってください。

 

 

挿入した時に感じるのは出し入れだけではないのですから。

 

 

Gスポット付近を目がけて突いたり入口を亀頭でこすってみたり、
上側や下側だったりします。

 

 

女性の足を動かしたり、自分も姿勢を変えて、
いろいろな角度から攻めてみてください。

 

とにかく相手の感じるポイントを探してください。

 

 

お互いに体位の好みがあるので、
どこを刺激すればいいか分かってくると、
どんな体位でも気持ちよくさせることができます。

 

 

あまり体位を変えるとセックスに集中できなくなりますが、
体位を変えると、違う角度からの刺激も与えられるし、
セックスを楽しむことができます。

 

 

 

単調に腰を振るのではなく、はじめはゆっくり突いて、
しだいに早いリズムで突いてまたゆっくり突くなど
強弱でメリハリをつけて変化さます。

 

 

あとは引くことよりも、突くことに意識を集中してくださいね。
突かれる方が断然気持ちいいですから。

 

 

「イキそう」と言ったら、急に腰の動きを早くしてくる男性もいます。

 

「早く動いて刺激を強くしたほうがイク」
これも間違っています。

 

 

イキそうになったリズムをそのままにするのが、正解です。
リズムを変えると、「さっきのが気持ちよくてイキそうだったのに・・・」と
イキそびれてしまいます。

 

「もっと、強く!」とか「もっと、激しく!」と求められる場合は、
どんどんピストン運動を強くしてあげてください。
個人差があるので、激しくされたほうがイキやすい人もいます。

 

好みの体位も人それぞれです。
やはり、反応を見て判断するしかありません。

 

 

あまり、ころころ体位を変えられると、
セックスに集中できなくなるので注意しながら、
好みの体位を探っていってください。
もちろん、女性に聞いてみるのも一つの方法です。

 

 

 

 

 

奥の方を攻めるときは
女性はうつ伏せに寝て足を真っすぐに伸ばし、その体勢で奥を突きます。
男性は上になるので、Pスポット(子宮の入口付近)を攻めやすくなります。

 

 

もし、自分のペニスが小さくて奥まで届くか自信のない人は
女の体を丸めるようにしたり(屈曲位)、
少し工夫すると膣が縮み奥にあたりやすくなります。

 

 

騎乗位もPスポットにあたりやすいですね。
上下のピストン運動ではなくて、前後にこすりつける様に動くとあたります。

 

 

指先のテクニック同様、ペニスでPスポットを刺激しながら、
手の平で腹部を押したりするのも一つの技です。