セックステクニックの方法

男も女も幸せにするセックステクニックを学びたいなら・・・
セックステクニックいろいろ


女性のオナニーへの偏見と正しい知識

 

オナニーは体に悪いなんてことをよくききませんか?
私はそうとはおもいません。

 

オナニーは体に悪いどころか、性感帯を開発出来るし、
女性ホルモンの分泌バランスを整えてくれるものです。

 

 

ここ最近じゃ、はやい人は10代からでもしています。
あたりまえのように悪いことでは有りません。

 

女性ホルモンの分泌が活発に成る年頃なので、ムリに抑えつけようとするとモンモンとして
勉強等が手につか無い等の、ストレスがたまって、情緒不安定に成る事も有ります。

 

清潔にして、膣を傷つけるような行為さえしていなければ、心配することなんて全く有りません。

 

 

何故にひとりHがいいのかと言うと、快感で脳からドーパミンが分泌されるからです。
要は、性交渉をするのと一緒良い点が有るのです。

 

 

女性のばあい、快感はクリトリスを中心にして脳の先まで、
性的な神経を通って行き渡るようなつくりになっています。

 

まず、クリトリスの快感は子宮に伝えられます。
子宮には快感の増幅機能が有るので、ここで快感は増幅され、
内臓や腹膜に伝わり、個々の緊迫を和らげます。

 

 

これらの快感が脳に伝わると、ドーパミンが分泌され、
メンタル的に安静状態になれるのです。

 

 

よく、処女だからとか年齢が若いからひとりHをしてはダメ!
みたいなことをいう人がいますが、これは大きな間違いです。

 

やるやら無いは個人の自由だけど、膣に指を入れたりして、
私の体の仕組みを知ることは、大切なことだとおもいます。

 

 

妊娠の経験の有る女でも、
私の身体の構造に対しての認識が乏しい方もいらっしゃいます。

 

女児を持つ有る母親が、私の子供の女性器部分に、「イボ」が有ると言うことで、
診察してもらったところ、其れはクリトリスだったと言う話も聞いたことが有ります。

 

男は、男性器が露出していますので、
目視することが可能ですけど、女はそういうわけにはいきません。

 

女性自体も知ら無い女性器の仕組みや構造を知っていることこそ、
オーガズムに導くための最良の手段の一つなのです。

 

 

女性のオナニーは、女性自体が性感帯を開発する手段でも有ります

 

女性のオナニーは、まずクリトリスへの刺激がきもちいいと言う事から始められます。
あたりまえのように、クリトリスはすさまじく敏感なので、スグにイクことを覚えます。

 

膣内の快感は、少々時間をかけ無いと開発されませんが、

クリトリスの愛撫で得られる快感とは桁違いです。

 

よく、クリトリスの刺激ではイケるのですけど、
膣内での刺激ではイケ無いと言う女性がいます。

 

これは、膣内の開発が遅れていることが要因です。

 

 

G スポットへの刺激、オナニーであれば指を入れる、
または、おもちゃを挿入する事で、徐々に開発されていきます。

 

 

女が不感症かも?と悩むのは、この膣内の開発が遅れているためです。
其れを開発する為にも、女のオナニーは異常にたいせつな要素です。

 

 

その知識や体験が、後に男と性交渉する際に、
オーガズムを向かえる手助けになり、より幸福感を感じることが出来るのです。

 

 

この技能を手にした貴方は、もし、そのような女性に出会ったら、
十分な愛撫で、膣内を開発してあげて下さいませ。